対面・遠隔協調学習をリアルタイムに支援する知的CSCLシステム: Intelligent Edutab Box

overview

大学

日本大学 生産工学部

代表者名

大前佑斗

チーム

知能情報システム工学研究室

応募カテゴリ

システム・ツール・アプリ

研究タイトル

対面・遠隔協調学習をリアルタイムに支援する知的CSCLシステム: Intelligent Edutab Box

研究内容の概要

本研究では、制御が難しい協調学習を高く支援するため、(1) 学習者同士がお互いの考えを共有できる(自分/遠隔地にある学校の学習者)、(2) 教師は注意を向けるべき学習者をリアルタイムに知ることができる、上記2点を満たすCSCLシステムを構築した。教師・学習者が1人1台のタブレット端末の保有を前提とする、文科省が検討しているGIGAスクール構想を念頭に置いたものである。

支援対象

1.支援している活動:初等教育, 中等教育, 高等教育
2.学習内容:数学, 英語, 物理, 語学, プログラミング, 討論, 学び方, コミュニケーション
3.支援の意図:知識の習得, 理解の促進, メタ認知の促進, スキルの獲得, 学習データの分析
4.学習規模:その他 単一の教室規模、または、複数の学級の接続(ヴィジョンとしては国内全域の規模)

研究の斬新さ、独創的な点

非同期型eラーニングのようなシンプルな環境であれば、様々な知的システムが存在した。一方本研究は、時々刻々と進行する教室内の授業を対象としている。学習者のアクティビティを解析用サーバに転送し、時間駆動の統計・機械学習モデルの判定結果を得るとともに、授業中の教師にフィードバックする。このような機能を、実運用できるシステムとして落とし込んだ研究は、多くは存在しないだろう。

研究が与える影響

答えが一つである数学の問題ですら解法は無数に存在するため、多様な考え方に触れることは重要である。この観点から見て、自身・遠隔地の学習者と考え方を共有できるシステムは、価値がある。また、すべての学習者が、距離に依存せず、すべての学習者と思考を共有し合うことができる可能性を持つ。これが直ちに有効な教育成果をもたらすと思わないが、これまで存在しなかった新たな教育法が生み出される可能性がある。

研究の社会的価値

協調学習はどの科目・年齢にも適用できるため、本システムの汎用性は高い(国語、算数、社会で適用済)。また、構想段階ではなく、すでにシステムは完成しており、実際の授業を対象として実証実験を行った実績がある。小学校教員および小学生からは、有効性・ユーザビリティともに高い評価を得ている。ほか、GIGAスクール構想(1人1台のタブレット等の活用)が文科省を中心に推進されているため、市場性があると思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です