学習者の注意維持をインタラクティブに促すロボット講義と講義改善

overview

大学

電気通信大学

代表者名

島崎俊介

チーム

柏原研究室学習支援ロボットチーム

応募カテゴリ

システム・ツール・アプリ

研究タイトル

学習者の注意維持をインタラクティブに促すロボット講義と講義改善

研究内容の概要

本研究は,ロボットが講師となり,長時間の講義における学習者の注意維持支援と,人間講師の振り返ることによる講義改善を試みる.ロボットは,意図した講義と,推定した学習者状態を比較し,説明を止めたり,学習者に近づいたり,繰り返し説明するなどインタラクティブに講義する.これらは,経験豊富な人間講師であっても容易でない.ロボット講義が確立することで,対面講義,遠隔講義に加えた新たな講義の選択肢が期待できる.

支援対象

1.支援している活動:初等教育, 中等教育, 高等教育, 企業内教育, 生涯学習, 日常的学習

2.学習内容:学び方, コミュニケーション, その他 講義全般

3.支援の意図:知識の習得, 理解の促進, メタ認知の促進, スキルの獲得, 疑似体験, 教材・教育方法の改善, その他 人間に似た擬人化傾向を有する学習パートナー

4.学習規模:教室規模

研究の斬新さ、独創的な点

eラーニングや動画ではなくロボットを用いて,学習者の長時間の講義における注意維持支援と,人間講師の講義改善を試みる点が本研究の斬新な点である.注意維持や講義改善は,ベテランの人間講師でも容易ではなく,我々の学術研究成果では,短時間のロボット講義においてはその効果は証明されている.加えて,ロボットとの学習によって促される学習者の情動面(エンゲージメント)の効果を活用する点が本研究の独創的な点である.

研究が与える影響

講義やプレゼンテーションをロボットが代行できると,大学講義や企業研修を人間講師不在でも同じ質で提供可能になる.更にロボットの擬人化傾向は,eラーニングや動画よりも学習者の学習パートナーとして効果的である.これにより,今まで複数の学習者が存在しないと実現出来なかった語学学習や,身体性に基づいたインタラクションを伴う学習が実現可能になり,eラーニングでは実現困難な学習を可能にする点でインパクトがある.

研究の社会的価値

本研究は現在,学修支援システムの大半を占めるeラーニングに代わり学習支援ロボットという新しい学習支援産業分野を確立する可能性を秘めている.PCやタブレットの性能が向上し,安価になって一人一台の学習支援メディアとして普及したように,将来的にロボットが普及する時代が到来するに違いない.本研究は,その将来を見据えた学術研究であり,学習支援ロボットの社会実装を見据えた産業応用研究として社会的な価値がある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です