top-image

「ラーニングイノベーショングランプリ2022」開催のご案内

ラーニングイノベーショングランプリ2022 実行委員長
ラーニングイノベーションコンソシアム 代表理事 川口泰司

 
ラーニングイノベーションコンソシアム(LIC)では、2016年度より、高等教育機関(大学・大学院・高等専門学校等)発の革新的なラーニングテクノロジーを世に広めることを目的として、ラーニングイノベーショングランプリ(略称LIGP)を開催しております。
2020年度は、コロナ禍のために開催中止といたしましたが、2021年度はオンライン形式にて再開、2022年度はグランプリの受賞者プレゼンテーションと表彰式を、2022年7月13日-15日に東京国際フォーラムで開催される展示会「ラーニングイノベーション2022」(主催:日経新聞社、日経BP、共催:日本イーラーニングコンソシアム、ラーニングイノベーションコンソシアム)の中で行う予定です。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。
 
一次応募作品一覧はこちら
一次審査の応募期間は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

「ラーニングイノベーショングランプリ2022」開催概要

これまでにない学習・教育方法やスタイル、革新的なラーニングテクノロジーを発掘し、新たな学習・教育環境を提案するため、高等教育機関(大学・大学院・高等専門学校等)の研究室(チーム)を対象にラーニングイノベーショングランプリを開催します。
本グランプリは、教育や人材育成に関わる企業と、革新的な学習・教育環境を研究している高等教育機関のマッチング機会を拡げるものです。昨今、企業内教育においてはデジタル化の急速な進展を背景にラーニングテクノロジーに注目が集まり、今後は学術発の知見に対する産業界の期待も高まることが予想されます。こうしたなかで、本グランプリは産学のブリッジ役として、新たな枠組みとなるものです。
ラーニングイノベーショングランプリでは、学生だけでなく若手研究者からの応募も受け付けます。但し、学生または若手研究者を主とする研究室での研究に焦点をあてた企画のため、学生と若手研究者を最低各1名、あるいは若手研究者単独がチームの最小構成となります。

主催:ラーニングイノベーションコンソシアム(LIC) ※2022年4月1日よりマイクロラーニングコンソシアムが改称
共催:教育システム情報学会(JSiSE)、日本イーラーニングコンソシアム(eLC)
協賛:日本情報科教育学会、日本教育工学会、人工知能学会、情報処理学会CLE研究会、電子情報通信学会教育工学研究会、学習分析学会
協力:日経BP、ジンジャーアップ(公式サイト)
運営:ラーニングイノベーショングランプリ実行委員会
プラチナスポンサー:ジンジャーアップ
ゴールドスポンサー:サイコムブレインズ、デジタル・ナレッジ、WARK
ネーミングライツスポンサー:Moodle Pty Ltd/イーラーニング、ユームテクノロジージャパン

ラーニングイノベーショングランプリ・アーカイブス(過去の実施実績)

受賞者プレゼンテーション,表彰式:7月13日開催 展示会「ラーニングイノベーション2022」内にて
「ラーニングイノベーション2022」公式サイト

募集内容

<参加資格>

高等教育機関(大学・大学院・高等専門学校等)の研究室
学生、または若手研究者を主とする研究チーム(一次審査への応募は必ず学生・若手研究者が行い、二次審査以降の応募もできる限り同一人物が行うこと。但し、都合がつかない場合、二次審査以降はチーム内のメンバによる代理発表も可能)
過去のラーニングイノベーショングランプリで、最優秀ラーニングイノベーション賞及び優秀ラーニングイノベーション賞受賞チームは同一内容での応募はできません。
なお、広報活動の一環として、写真・ビデオ撮影ならびに「ラーニングイノベーション2022」公式サイト、Facebook等での公開、メディアへの情報配信、取材やインタビューを受けていただく可能性があり、参加申し込みは、この点を承諾したものとみなします。

<募集ジャンル>

ラーニングイノベーショングランプリでは、テクノロジー分野だけでなく教育実践や教授法も含めた新たな学習・教育環境の研究内容を広く募集します。
キーワード:AR、VR、IoT、AI、ディープラーニング、デバイス、プラットフォーム、教育ビッグデータ、ラーニングアナリティクス、コンテンツ、教育実践、教授法、教育分野におけるシステムの利活用、メタ認知、SRL/SDLなど

<各賞>

■ 最優秀ラーニングイノベーション賞 ※1チーム、副賞:ジンジャーアップ賞10万円
■ 優秀ラーニングイノベーション賞 ※2チーム、副賞:各5万円
■ 奨励賞 ※2チーム、副賞
■ 特別賞:日本Moodleイノベーション賞(提供:Moodle Pty Ltd/株式会社イーラーニング) ※1チーム、副賞:各5万円
■ 特別賞:UMUラーニングテクノロジー賞(提供:ユームテクノロジージャパン株式会社) ※1チーム、副賞:各5万円

<応募方法>

一次審査への応募は、研究内容を説明する書類(共通 フォーマット)を提出します。
一次審査通過者の二次審査への応募は、研究内容に関するプレゼンテーション動画(5分以内、プレゼン形式で発表する)をオンライン上にアップロードします。
規定時間を超える長さの動画は失格とします。応募後の内容修正はできませんので、ご注意ください。

一次審査の応募期間は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

<応募期間>

2022年3月16日(水)~ 5月16日(月)昼12:00必着
2022年3月16日(水)~ 5月23日(月)昼12:00必着
延長しました

審査方法

<審査基準>

【1】産業界から見た独創性・斬新性と【2】社会的価値(a: 教育・学習に与えるインパクト,b: 発想スケールの大きさ,c: 実用化された際の波及効果)の2つの観点から審査します。特に、独創性・斬新性を重視します。なお、応募時に研究についてアピールしたい点を次のカテゴリーから選択し具体的なアピールポイントを示していただきます。
カテゴリー:システム・アプリ、要素技術、教育(教授)方法、学習方法、教育実践、その他

審査手順

1. 一次審査<書類>

審査委員が応募書類から「独創性・斬新性」に優れたチームを選出しコメントを付します。各審査委員の選出したチームを集計し、上位チームを通過チームとして選出します。なお、選出数は必ず全応募数の10%以上とします。(例:応募数が100件の場合10チーム以上を選出する)

2. 二次審査<動画>(最終審査)

審査委員が5分以内の応募動画を【1】産業界から見た独創性・斬新性(20点満点)と【2】社会的価値(a: 教育・学習に与えるインパクト(10点満点),b: 発想スケールの大きさ(10点満点),c: 実用化された際の波及効果(10点満点))の各観点で採点(50点満点)しコメントを付します。
各審査委員はチームに対し講評も加え、合計得点の上位5チームを表彰します。

※2022年より新設された「ネーミングライツスポンサー賞」は、上記の審査とは別に、スポンサーが独自に審査、選出いたします。

スケジュール

3月16日(水):公式Webサイトオープン 応募受付開始
5月16日(月):応募受付締め切り(午前12:00締切り)
5月23日(月):応募受付締め切り(午前12:00締切り) 延長しました
6月 1日(水):一次審査結果発表
6月 1日(水)~6月20日(月):動画制作期間
7月 1日(金):審査結果発表
7月13日(水)~7月15日(金):受賞者プレゼンテーション、表彰式(「ラーニングイノベーション2022」にて)※日程調整中

審査委員(2022年4月1日時点)

綾部 貴淑 :LIC/KIYOラーニング株式会社  ※審査委員長
井手 啓人 :株式会社ジンジャーアップ
鎌田 純子 :株式会社ボイジャー
小橋 岳史 :株式会社日立製作所
中嶋 竜一 :株式会社デジタル・ナレッジ
長瀬 昭彦 :株式会社WARK
橋本 賢一 :株式会社富士通ラーニングメディア

実行委員

川口 泰司 :LIC/サイコム・ブレインズ株式会社 ※実行委員長
加藤 憲治 :LIC/日本イーラーニングコンソシアム
前田 宏  :LIC/株式会社ジンジャーアップ
越智 洋司 :JSiSE/近畿大学
東本 崇仁 :JSiSE/東京工芸大学
米谷 雄介 :JSiSE/香川大学

事務局

〒103-0011
東京都中央区日本橋大伝馬町13-7 日本橋大富ビル2階(ラーニングイノベーションコンソシアム内)
担当:事務局長 秋山

スポンサー

MENU