オブジェクト指向プログラミングの利便性に着目した学習手法

代表者名

竹川夏実

大学

千葉工業大学

チーム

仲林研究室

応募カテゴリ

教育(学習)方法

研究内容の概要

オブジェクト指向プログラミング(以下OOP)はプログラムの機能拡張に優れる手法だが,苦手意識を持つ学習者は多い.OOPを正しく利用するには,まずOOPの利便性を理解した上で,基礎概念と利便性の結びつきを意識することが有効ではないかと考えられる.本研究では,OOPと非OOPとの比較学習を提案し,プログラミング課題を通してOOPの利便性を認識させ,その振り返りとして基礎概念との結びつきを意識させる.

概要説明ファイルはこちら↓
ligp2018_18_object

支援対象

1.支援している活動:企業内教育, その他 大学内のプログラミング演習

2.学習内容:プログラミング

3.支援の意図:理解の促進, スキルの獲得, 教材・教育方法の改善

4.学習規模:個人

研究の斬新さ、独創的な点

独創的な点は,最初にOOPの利便性を実感させることにある.OOPの学習手法に関する先行研究は,視覚化手法等を利用して,クラスや継承等の基礎概念を理解させるといった趣旨のものが多い.しかし,これらの基礎概念がプログラム内でどのような役割を持つのかを学習者に理解させることは困難である.本研究では利便性を実感させ,それが生じる理由を考えさせることでプログラミングにおける基礎概念が果たす役割を理解させる.

研究が与える影響

本研究では,OOPと非OOPの比較学習を通して,OOPの利便性を実感させることを意識している.OOPの本質的な意義は拡張性・保守性の向上である.プログラミングの熟達者は経験を通じてこれを意識しているが,初級者は,基本概念と関連付けられていない.本手法はOOPの利便性を陽に学習させることで,基本概念の意義を明確にさせるとともに,中級者以上への能力向上を加速する効果が期待される.

研究の社会的価値

提案する学習手法は大学内でのプログラミングの講義の他,企業でのシステム開発の現場や社員のプログラミング研修の場でも実用が可能であるという点で,社会的価値がある.OOPは大学だけでなく企業の開発現場でもニーズが大きい.また,本研究はOOPの利便性を意識させることに着目している.このアイデアは明確で,実証的な実験も行っている.そのため,実際のプログラミング授業や研修に容易に適用できるという利点がある.

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です