e-learingを対象とした自己説明支援システム

代表者名

三谷 直裕

大学

広島大学

チーム

学習工学研究室 Kit-Build班

概要

近年,教育現場や家庭へのICTの普及やオープン教材の普及により,e-learningを活用した,映像講義などの教授活動が多く行われている.これらの学習形態では,教授者が学習者に映像教材のどこで何を伝えたいかを明確にすることと,学習者が内容を適切に理解できているかどうかを自身で確認できることが重要となる.しかし,映像教材を用いた教授活動では,基本的に教授者から学習者への一方向の情報伝達であり,学習者の活動,学習者から教授者へのインタラクションを確立するのは難しい.そこで,映像教材に対して学習者が自身の理解の確認とその根拠の確認を行うタスクを設定し,その結果から学習者が自身の理解がどの程度であるかを確認し,それを教授者が参照することで,映像教材を用いた活動においても教授者と学習者の間のインタラクションをより充実させる.

アピールポイント

e-learningを対象とした学習タスクの設定,評価,フィードバック

カテゴリ

システム

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です