3表現相互変換学習システム「モンサクン・テープブロック」

代表者名

津高七海

大学

広島大学大学院

チーム

学習工学研究室 算数班

概要

小学生低学年が学習する和差算数文章題は,順思考問題と逆思考問題の2つに大別できる.このうち,逆思考問題に困難を示す児童が多く,その大きな原因は,算数文章題の全体部分関係を理解していないからだと言われている.そこで我々は,算数文章題を解く際の変換構造について分析を行い、その変換構造に従った演習が可能なシステムの開発を行った。

アピールポイント

視覚的に算数文章題の構造が把握できる!

カテゴリ

システム

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です