統合ゼミ活動支援システムSMS

代表者名

米谷雄介

大学

北九州市立大学・早稲田大学・共立女子大学・電気通信大学

チーム

永岡ゼミ

概要

ゼミ活動のFDを目的に開発している統合ゼミ活動支援システム(Seminar Management System:SMS)を紹介します。ゼミのFDを支援するためのアプローチとして、密室性・多様性をもつゼミ同士がお互いの経営資源(ヒト、モノ、情報)を流通させることを基本コンセプトとし、それを支援するために、ゼミ活動のビデオ録画配信システム、テレビ会議システム、自己・相互評価の蓄積・フィードバックシステムを組み合わせたシステムを構築しています。方法として、ビデオ録画配信、テレビ会議システムにはそれぞれFacebook、Skypeの既存のWebサービスを活用し、評価の蓄積・フィードバックには多様なゼミ活動での利用に向けて独自にシステムを開発しております。本ビデオでは、それらの内、評価システムの部分を紹介し、現在の運用状況を紹介します。

アピールポイント

実際のゼミで3年間の実績があり、実用に耐えうることを示している点と、複数大学ゼミ間での実践にも実際に活用されている点から使いやすいシステムになっていることです。

カテゴリ

システム

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

統合ゼミ活動支援システムSMS” に対して1件のコメントがあります。

  1. 福島浅次郎 より:

    北九州市立大学大学院齋藤貞之研究室元大学院生の福島浅次郎と申します。齋藤先生が北九州市立大学在勤中に12年間齋藤ゼミと一緒に学んできました。
    齋藤ゼミの進め方に関してかなりの学びがありました。今回東京フォ-ラムでどの様なことをやられるのか興味があるので参加は出来ませんが、何か参考になる資料等があれば教えていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です