学習のチャンスを逃さない多肢選択問題の自動生成

代表者名

児玉 賢俊

大学

和歌山大学

チーム

WDIKDM

概要

多肢選択問題は、正しい答えを選べるかだけではなく、学習者の誤りを捉えて指導することが本質です。本研究は、教師が問題の関係規則と誤り原因を入力することで、システム(機械)に問題と解説文を自動生成する環境を構築しました。これにより、学習者の誤りに対して、直ちに解説文を読ませることが可能になります。

アピールポイント

多肢選択問題の誤解答に注目するという斬新な学習スタイルです。

カテゴリ

学習方法

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です