スマートグラスによる発想支援〜普段の生活に潜む、ふ(ん)だんな ダジャレを求めて〜

代表者名

溝口 啓太

大学

高知大学

チーム

学習環境デザイン研究室(三好研究室)

概要

これから先、スマートグラスなどの普及により、今まで記憶しなければいけなかったことを、「外部記憶」に任せるようになり、記憶することの必要性が失われると考えられる。確かに、記憶する必要がなくなるというのは、大変楽であり、誰もが望んでいることであろう。
しかし、今まで世界が発展してきたのは、個々人が今までに学んだことや、体験したことなどの様々な「記憶」を元に、様々な「記憶」の組み合わせから、「新たなモノ・コト」が発想されてきたからだと考える。そのため、「外部記憶」の普及により「記憶」する量が少なくなっても、その「少ない記憶」を元に、「新たなモノ・コト」を生み出すような「発想力」が必要になると考える。
そこで、私たちは、「スマートグラスによる発想支援〜普段の生活に潜む、ふ(ん)だんなダジャレを求めて〜」による、新たな発想支援のシステムを提案する。

アピールポイント

面白く、楽しく、発想支援。

カテゴリ

システム

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です