脳波を用いた二足歩行ロボットのコマンド操作の実現


代表者名

東野 利貴

大学

和歌山大学

チーム

曽我研究室(クリエ 脳情報総合研究室)

概要

本研究は,脳波を用いて,安価に,二足歩行ロボットのコマンド操作を行う研究である. ヒトの額部の脳波を測定し,α波,β波の出現の比率から,集中度を算出する. その集中度に閾値を設け,一定時間計測を行い,その一定時間中に,閾値を超えた回数の方が多ければ「1」とする.そうでないなら,「0」とする. 計測を2回行い,その計測結果が大こる可能性として,「1,1」,「1,0」,「0,1」,「0,0」の4つのコマンドが生成できる. それぞれのコマンドにそれぞれ動作を割り当てることで,自由に操作が可能になる. 本研究の展望は, ・安価であるため実用化が容易である ・手や足が不自由な方の手助けとなるシステムになりうる ・システムが簡単であるため,さまざまな応用が考えられる といった点が挙げられる.

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です