拡張性を有するマルチモーダル学習プラットフォーム


代表者名

杉本 葵

大学

大阪府立大学

チーム

Interactive Media Lab.

概要

コンピュータを用いて教師と学習者,あるいは学習者同士で行われる学習を支援する試みとして,本研究では学習支援システムの基盤となるマルチモーダル学習プラットフォームを構築した.特徴は以下の3つである. 1. 学習モジュールを組み入れ可能  プラットフォームに備えた通信プロトコルに従うことで,独自の学習モジュールを組み入れことができる. 2. さまざまな学習形態に適応可能  学習では,教師が講義をするような学習もあれば,学習者同士で議論しあう,教えあうなどさまざまな形態が想定される.学習形態に応じた学習モジュールを選択することで目的に応じた『学びの場』を構成できる環境となっている. 3. 統合的分析の可能性  さまざまなデバイスを接続し,音声だけでなく,視線や記述,表情,動作といった無意識的に表出される非言語的な振る舞いも扱う.こうしたマルチモーダル情報を手がかりに,参加者同士のコミュニケーションを豊かにするだけでなく,リアルタイムにフィードバックを与えることや,後に分析できる可能性がある.

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です