算数文章題作問演習を対象とした振り返り活動支援システムの設計・開発

代表者名

荒木大祐

大学

広島大学

チーム

学習工学研究室

応募カテゴリ

システム・ツール・アプリ

研究タイトル

算数文章題作問演習を対象とした振り返り活動支援システムの設計・開発

研究内容の概要

算数文章題の深い理解のために必要なメタ認知は学習支援の対象となっている課題において重要な役割を果たすことが知られており,その実現には振り返り活動が有効とされている.そこで本研究では,学習者が算数文章題の作問活動過程で犯した,自身の誤りの特徴に関する振り返りを行うことができるシステムの設計・開発を行うことで,メタ認知の実現に対する支援を行い,学習者が算数文章題を深く理解できるようになることを目指す.

概要説明ファイルはこちら↓
ligp19_First_10

支援対象

1.支援している活動:初等教育

2.学習内容:その他 算数

3.支援の意図:理解の促進, メタ認知の促進

4.学習規模:教室規模

研究の斬新さ、独創的な点

算数文章題の作問学習を行うことで学習者は文章題を構造的に捉えられるようになるとされている.また,作問活動過程で犯した自身の誤りの特徴を捉え,それを振り返ることは学習者にとって負担が大きい.本研究では,算数文章題の作問学習をタブレット上で実現し,さらに学習者に自身の誤りの特徴に関する振り返り活動を行わせることで,算数文章題を深く理解することができるようになる.

研究が与える影響

学習・教育効果:算数文章題を深く理解することができるようになる
学習・教育効率:これまで教授者,学習者双方にとっての負担が大きいことが原因であまり行われてこなかった算数文章題の振り返り活動が可能となる

研究の社会的価値

算数文章題の作問学習において,従来の紙と鉛筆を使った学習方法では教授者は学習者個々の採点が必要であり,また学習者は記述量が増えるため,双方にとっての負担が大きく実際の教育現場ではあまり行われてこなかった.本システムは自動の正誤判定を実装したタブレット上で行う演習であるため,これらの問題を解消することを可能とした.

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です