仮想ディフェンスを用いたフェイント動作支援環境

代表者名

幸田尚也

大学

徳島大学

チーム

MA2Lab-Team-SkillDev

応募カテゴリ

システム・ツール・アプリ

研究タイトル

仮想ディフェンスを用いたフェイント動作支援環境

研究内容の概要

本研究は,バスケットボールのオフェンス側におけるフェイント動作習得支援の研究です.事前に学習者の動作をカメラで撮影し,学習者ごとにフェイント動作のモデルを作成します.このモデルと学習者に装着した加速度センサーからソフトウェア上でディフェンスを実装し,学習者ごとに適した仮想のディフェンスを提示を行います.これにより練習相手が不要になり,学習者のレベルに応じたディフェンスとの練習が可能になります.

概要説明ファイルはこちら↓
ligp19_First_22

支援対象

1.支援している活動:その他 身体動作の学習

2.学習内容:その他 フェイント動作

3.支援の意図:その他 スキルの獲得, 学習データの分析, 学習周辺コストの軽減

4.学習規模:個人

研究の斬新さ、独創的な点

フェイント動作の練習では,練習相手の存在が不要になります.本システムでは,学習者の動作を予め動画で撮影しフェイント動作の解析を行います.学習者の動きを加速度センサで計測し,事前に解析した情報から学習者の動作を予測します.学習者の動作を妨げるような動きをするディフェンスを作成し,学習者に透過型VRヘッドセットで提供することで,練習相手が不要になり,学習者のレベルに合わせた練習が可能になります.

研究が与える影響

身体スキルの習得には,練習や指導者の存在が必要不可欠です.スキル習得のための練習を行う場所も必要です.そこで,本システムを用いることにより,練習を行う際に指導者や練習相手が必要としなくなります.また,学習者の動作に基づきソフトウェア上でディフェンスを作成するため,学習者のレベルにあったディフェンスが提供でき,より効率の良い練習が可能になります.

研究の社会的価値

・応用可能性:サッカー・ラグビーなど他種目へ応用
・実用可能性:練習環境条件の軽減
・市場性:ゲーミフィケーションにより製品化可能
本研究は学習者の動作を元にディフェンスを作成しているため,他の対戦型スポーツに応用可能です.練習相手の提供により,指導者・練習相手が不要になります,また,ゲーム性を追加することにより,フェイント動作の練習だけでなく体を動かすゲームとして市場価値が出ると考えます.

仮想ディフェンスを用いたフェイント動作支援環境

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です