三角ブロックモデル表現を用いた算数文章題の理解過程の外在化・支援システム

代表者名

犬丸 拓磨

大学

Hiroshima University

チーム

学習工学研究室算数班

応募カテゴリ

システム・ツール・アプリ

研究タイトル

三角ブロックモデル表現を用いた算数文章題の理解過程の外在化・支援システム

研究内容の概要

算数・数学文章題においては,計算式や方程式を立てるまでの段階が最も躓きやすい過程である.この過程は,言語的表現から数量関係的表現への変換の過程と捉えることができる.また、この過程は言語的表現からの数量概念の抽出、抽出した数量概念の組み合わせによる演算関係の抽出・組み合わせと定義することが可能である。本研究では三角ブロックを用いてこの過程の支援を行い立式支援を完備なものとした。

概要説明ファイルはこちら↓
ligp19_First_12

支援対象

1.支援している活動:初等教育, 中等教育

2.学習内容:数学

3.支援の意図:理解の促進

4.学習規模:教室規模

研究の斬新さ、独創的な点

算数文章題を解く際に学習者が躓きやすいとされている問題理解過程の支援を完備なものとするために、「三角ブロックシステム」を用いて、問題理解過程である言語的表現からの数量概念の抽出、抽出した数量概念の組み合わせによる演算関係の抽出・組み合わせの二つの過程の支援を行った。

研究が与える影響

算数文章題の問題理解過程全ての支援を行うことで、学習者が算数文章題を解くことで通るとされている過程全てを支援することが可能である。また、普通に問題を解く際の学習者の思考に近い外化支援を行うことができる。

研究の社会的価値

応用(転用)可能性:問題を変えることで小学校、中学校に対して利用可能である。
実用可能性:システムからの個別のフィードバックを可能とするため、個人のスピードに合わせた学習が可能である。
市場性:三角ブロックを使った本システムによって算数文章題の支援システムが完結できるため、製品化が可能である。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です