ロボットによる安心感をもって学習できる「良い雰囲気」の提供

代表者名

志村友

大学

早稲田大学

チーム

松居研究室

応募カテゴリ

教育(学習)方法

研究タイトル

ロボットによる安心感をもって学習できる「良い雰囲気」の提供

研究内容の概要

本研究の目的は,ロボットによって学習者に安心感をもって学習できる「良い雰囲気を提供」し,自律的・継続的な学習を促進し,学習に対する満足度を上げるような支援を実現することにある.そのために,安心感に関する行動・心理モデルの構築,安心感を与えるロボットの基本動作の設計,教育文脈に沿ったロボットの動作系列の設計,を行った.結果,ロボットを用いた新しいeラーニングの形態の可能性を見出すことができた.
概要説明ファイルはこちら↓
ligp19_First_15

支援対象

1.支援している活動:インターネット学習

2.学習内容:数学, 英語, 物理, 語学

3.支援の意図:教材・教育方法の改善, その他 満足度の向上

4.学習規模:個人

研究の斬新さ、独創的な点

ロボットの学習・教育支援への利用に関する研究開発が活発化している.ロボットとのインタラクションによる語学能力やプレゼンテーションスキル等,何らかの具体的なスキルの獲得を目的としたものが主流である.これに対して本研究では,学習者が安心感をもって学習できる「良い雰囲気を提供」し,自律的・継続的な内発的動機付けによる学習を促進し,学習成果のみならず満足度の向上をも目標としている点が斬新で独創的である.

研究が与える影響

安心感をもって学習できる「良い雰囲気を提供する」ことにより,自律的・継続的な行動が促進され,かつ行動選択の多様性が高まることが期待される.さらに,ロボットによるバーバルなコミュニケーション(会話等)を通した外発的動機付けによる学習ではなく,ノンバーバルコミュケーション(動作のみ)によって,学習者の内発的動機付けが促進される.これにより,学習の定着のみならず深化・汎化にも期待することができる.

研究の社会的価値

今後は生涯学習の重要性がより広範囲に共有され,学習観,学習ニーズの多様化がさらに拡大する.よって,eラーニングによる個別学習環境がより一般的な形態となることが期待される.その場合,高い成果と満足度を伴う学習の実現のために,内発的動機付けによる学習の促進が重要である.このような学習環境が人間ではなくロボットによって容易に実現できることは,新しいeラーニングシステムの提供の可能性を示唆するものである.

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です