スマホで見るHMD式非同期型VR授業システムの開発

代表者名

中村修也

大学

東京理科大学

チーム

赤倉研究室

応募カテゴリ

システム・ツール・アプリ

研究タイトル

スマホで見るHMD式非同期型VR授業システムの開発

研究内容の概要

eラーニングは、学習者の孤独感や緊張感に関し課題がある。また、教員は学習者の反応が十分に得られず、授業改善などが困難である。そこで、学習者の動き(視線)を活用した非同期的なVR授業システムを提案する。本システムでは学習者視線(ジャイロ情報)をサーバに保存し、学習者の動きを把握できる。教員は事前に収録したデータで3Dアバターとして講義をし、システム内で学習者の視点に合わせて目線や表情が変化する。

概要説明ファイルはこちら↓
ligp19_First_21

支援対象

1.支援している活動:インターネット学習

2.学習内容:数学, 英語, 物理, 語学

3.支援の意図:疑似体験, 教材・教育方法の改善, 学習データの分析

4.学習規模:インターネット上無制限

研究の斬新さ、独創的な点

VRを同期的に用いる方法論は多く提案されているが、非同期的な環境は、eラーニングを想定した本研究ならではである。また、非同期でありながら、学習者の視線情報はサーバに記録されるため、視線情報を新たな学習ログ・行動データとして活用した授業改善や、学習者に対し過去の学習者の挙動を提示することに役立てることができる。教員を3Dアバターとすることで、講義中の動きなどは実際には違う人間で再収録できる。

研究が与える影響

学習効果:HTCVIVEを用いたVR授業の評価実験により、孤独感の緩和・緊張感の向上に役立つ可能性を示している。スマホ導入したことで、従来よりも手軽さを有する。
変革:教員の動きを3Dアバタで収録するシステムを別途構築。これは、教員の動きを学習者の好きな3Dモデル(アバター)で収録後に手動で変更・部分再収録できる。つまり、コンテンツ再利用や、部分的な授業内容差し替えなどに役立てることができる。

研究の社会的価値

応用可能性:授業コンテンツの配信をWeb化することができれば、従来の映像授業を丸ごと3Dアバタに置換でき、学習者に対し適応的な3Dモデルや音声、学習環境で受講できる。
実用可能性:3Dモデルに反映するためのシステムは構築済みである。一度の収録で多くの学習者を対象にできる。
市場性:従来のeラーニングに代替できる。臨場感があり、コンテンツを使い回し、部分的に他人が授業を執り行い改善できる。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です