ラーニングイノベーショングランプリ・アーカイブス公開にあたり

ラーニングイノベーショングランプリ(略称LIGP)は、高等教育機関(大学・大学院・高等専門学校等)発の革新的なラーニングテクノロジーを世に広めることを目的として、当コンソシアムと一般社団法人教育システム情報学会、および日本イーラーニングコンソシアムの共同により、2016年6月に第1回目が開催されました。以降、2019年まで計4回のグランプリ受賞者を輩出しており、各賞も含めると延べ17団体が表彰されております。2020年度はコロナ禍の混乱の中、開催を見送らざるを得ない状況となりましたが、その灯を絶やすことのないよう、2021年度は再開の準備を進めております。
ここにこれまでのグランプリの各受賞作品をアーカイブスとして集約し、あらためて受賞者各位に敬意を表するとともに、LIGPの歩みをご紹介いたします。
奇しくもコロナ禍をきっかけとして、ビジネス界でも教育のデジタル化が加速しています。これを契機に、今後ビジネス界においても、テクノロジーを駆使した「教育や学習のイノベーション」が巻き起こることが予想されます。そんな中、学術の成果発表の場であるLIGPは、学術発のイノベーションをビジネス界に広める役割を担っており、これまで出遅れていた教育領域における産学連携推進のきっかけになることと期待しております。ラーニングイノベーショングランプリに対する学術界ならびにビジネス界のご理解とご支援を、引き続きよろしくお願い申し上げます。

マイクロラーニングコンソシアム
代表理事 川口泰司

過去の受賞作品アーカイブス

2019年

2018年

2017年

2016年

MENU